つきぽゲーム攻略メモ

ゲームの攻略ブログだよ。攻略記事の他に、プレイしたゲームの感想などを書いています。

OCTOPATH TRAVELER 魔剣士の祠の場所とボス攻略【ルーンマスター解説付き】

魔剣士(ルーンマスター)のジョブは基本ジョブと違い、訪れるだけでは入手できず、ボス攻略をする必要があるので、準備してから挑みましょう(推奨レベルLv50以上)

f:id:tsukuyomi-hit:20180724204126j:plain

 

 魔剣士の祠の場所

ストーンガードから南下していき、北ストーンガード山道→西ストーンガード山道→西エバーホルド山道と進むと祠があります。

f:id:tsukuyomi-hit:20180724204500j:plain

ボスデータ

  • HP19万
  • 序盤は状態異常付の単体攻撃で、後半は状態異常付の全体攻撃が主な攻撃

f:id:tsukuyomi-hit:20180724204606j:plain

弱点
  • 短剣

パーティ編成例

  • Lv53サイラス【神官】
  • Lv54オルベリク【狩人】
  • Lv43トレサ【踊子】
  • Lv38オフィーリア【盗賊】
サポートアビリティ

消費SPダウン(商人)、ラストアクト(狩人)、回復限界突破(神官)、ダメージ限界突破(剣士)などをつけていました。エンカウント半減などは外して、持っているもので役に立ちそうなのをつけていきましょう。

序盤攻略

最初のうちは状態異常付のルーン攻撃を使用してくるので、オルベリクの「挑発」で耐えます。各ルーン攻撃は「反射のヴェール」で反射できなかったので物理攻撃だと思われます。つまり、「コウモリ」「土竜の舞」を使用することでかなりダメージを抑えられるということです。

ルーン攻撃の状態異常でやっかいなのが、「睡眠」と「気絶」です。なのでオルベリクのアクセサリーは「睡眠耐性ストーン」と「気絶耐性ストーン」がオススメです。

ブレイクについて

バトル開始時に魔剣士バロガーはルーンの力に守られており、闇属性しか弱点を突けません。今回のパーティではBPを消費しない限りは基本1づつしかシールドを削れず、序盤において一番の難点でした。アーフェンを育成している人は調合で2以上減らせるので、活躍するかと思われます。

ダメージソースはオルベリクの奥義、「雷剣将ブランドの剛撃」です。ブレイク直前でいいので、敵の「フクロウ」で防御を下げ、「ためる」か「獅子の舞」でオルベリクの攻撃を上げておくのを忘れずにしましょう。それで大体2万程度のダメージを与えられます。

「コウモリ」とオルベリクの挑発、防御アップを維持できれば、かなり楽になるので、BPはそれらに費やすといいと思います。

後半攻略

後半になるとシールド値が増えていまいますが、弱点も解放されます。攻撃が全体化するのでオルベリクの挑発は使わなくて大丈夫です。「コウモリ」を維持しつつ、トレサの「傭兵よび」(一番安いやつ)を使用し、全体の防御を上げると楽になると思います。

危なかったのが、オルベリク以外は状態異常対策をしておらず、3人眠りになるなど窮地に陥ったりしました。踊子の奥義「舞踏姫シルティージの囁き」で薬師の「健全化」を全体化するなどの方法で対策可能だと思うので、薬師をよく使う人は試してみてはどうでしょう。

ブレイク

弓が弱点になるので狩人の「さみだれ矢」でブレイクを狙います。ブレイクしたら序盤と同じようにオルベリクの奥義でダメージを与えるだけです。

まとめ

推奨レベル付近だと長期戦になると予想されます。ですが、回復などしっかり行い味方の順番をよく見てブレイクを狙うようにすると勝機はあると思います。

 

ルーンマスターについて

ここからはジョブ「ルーンマスター」についての解説です。

使用可能武器

剣、斧

アビリティ

消費JPはそれぞれ2000です。奥義のみ5000

f:id:tsukuyomi-hit:20180724213643j:plain

ルーン系アビリティについて

ルーン系アビリティは自身の物理攻撃に属性を付与し、追加攻撃を行うというものです。この追撃によるダメージは属性攻撃力を参照し、簡単に言うとサイラスの杖で殴ると強いということです。そして「拡散のルーン」は使用すると自身に対する強化効果を全体化できます。ルーン系アビリティはもちろん、戦士の「ためる」や「鉄壁」も対象です。

追撃の仕様
  • 物理攻撃に発生する。アイコンの色が変わるのでわかりやすい
  • 全体物理攻撃を行った場合、敵全体に追撃が発生する
  • 千本槍など連続物理攻撃を使用しても追撃は1回まで
  • ダメージは属性攻撃力を参照する
  • 付加した属性が敵の弱点だった場合はもちろんシールドを削れる
  • ルーンは1属性までしか付与できない。別の属性を付与すると上書きされる

f:id:tsukuyomi-hit:20180724213859j:plain

 

奥義

f:id:tsukuyomi-hit:20180724213336j:plain

ルーンマスターの奥義「魔剣士バロガーの覇気」は各属性による単体6連続攻撃です。この奥義は属性攻撃力を参照するのでサイラス先生と相性がいいです。しかし、「碩学王エレファンの知識」とは全体攻撃を単体化し強化するものなので、効果が乗らず相性が悪いです。サイラスの奥義は少々使いにくかったので、ブレイク時の準備が少なくて済みそうです。

サポートアビリティ

 物属交換

物攻と属攻を入れ替える。オルベリクを魔法アタッカーにできたりしますが、あまり意味ないと思う。

魔力還元

ダメージを受けると、その1%をSPに還元する。SPに関しては消費SPダウンでいまのところ十分です。

状態異常で攻撃強化

敵が拘束系以外の状態異常を多用する場合はいいと思います。

永続エレメントアップ

属性攻撃アップと属性防御アップの効果を得ます。「孔雀の舞」と「守護のヴェール」と同じ効果がずっと発動します。えっつよ!!これのためだけにアビリティとってもいいと思いますね。

おすすめ装備キャラ

サイラス

奥義を最大限に生かすのならサイラス先生でしょう。魔法アタッカーとして純粋に強くなります。永続エレメントアップをとって神官にするのも状況によってはありよりのあり。

オフィーリア

オフィーリアの場合は、味方を物理系多めにして属性付与がつよそう。